購入・実食レビュー

【減塩食品】日清食品「どん兵衛 極みだし 鴨だしそば」を食べた口コミ評価。味薄めだけど合格点【塩分4.1g/1食】

塩分はなくてはならないミネラルですが、とりすぎると体に毒です。塩分を取りすぎると高血圧を招き、重症になると心疾患や脳血管疾患を招くといわれています。

塩分の多い食べ物の代表格はラーメンですが、そばうどんも負けていません。特にカップ麺は塩分が高く、1個当たり5~6g程度含まれています。インスタント麺は塩分で味をごまかしているので、どうしても食塩を多目になりがちです。

日清食品ではだしの味を生かすことによって、塩分を抑える工夫をしたインスタントそばを製造しています。シリーズ名は「どん兵衛 極みだし」。現在はうどんとそば2種類になっています。
今回は「どん兵衛 極みだし 鴨だしそば」を食べてみました。

日清「どん兵衛 極みだし 鴨だしそば」の栄養成分について

カロリー314kcal
たんぱく質11.2g
脂質5g
炭水化物56g
食塩 麺0.8g
食塩 スープ3.3g

スープの塩分は割と高いですが、麺の塩分は0.8gとかなり低いです。炭水化物は56gと通常のそばとほぼ同じになります。麺だけ食べて、スープを残せば塩分はかなり抑えられるでしょう。

日清「どん兵衛 極みだし 鴨だしそば」を食べた感想

開封時の写真を撮り忘れてしまったので、文章だけの説明となりますが、ご了承ください。
麺は平打ちのちぢれ麺。スープは液体スープでした。
インスタント麺はお湯で麺を茹で、ある程度のところでスープを鍋に入れることがほとんどですが、こちらの極みだしは器にスープを入れて、麺を茹でたお湯を器に入れる作り方です。
インスタントのくせに結構めんどくさい手順を踏みますね。

そして出来上がったそばがこちら

麺の上には減塩わかめと天かすをのせました。

一つまみしか入れていないので、塩分はほとんどありません。

麺はぶつぶつ切れることはありません。

スープは薄めですが、出汁が効いていて美味しい。味が悪くないのでどんどん食べられます。極みだしシリーズは塩分30%オフなので味がそこまで落ちませんね。というか、インスタント麺に疎い私としては、普通のインスタント麺と大差ないのではとさえ感じました。食べ慣れている夫が言うには「やっぱ薄い事は薄い」らしいです。超高血圧でもなければ、中々良い減塩食品ではないでしょうか。

Amazonで「どん兵衛 極みだし 鴨だしそば」を探す

こちらもチェック!

icon-arrow-circle-right 低糖質麺ランキングを見る

関連記事

  1. 【口コミ】生協コープデリ「減塩若鶏の唐揚げ」を食べた感想。これは本当に…

  2. 【減塩食品】はくばく塩分ゼロそうめんを食べてみた【塩分0g/1袋】

  3. 【亀田製菓】「香ばし玄米せん」の口コミ評価。胡麻の風味が美味しいおせん…

  4. かっぱえびせん塩分50%カットを食べた口コミ評価。普通のかっぱえびせん…

  5. 【口コミ】ホットヌードル 塩分オフカップラーメンカレー味を食べた感想。…

  6. 【口コミ】井上スパイス 「うれしい減塩カレールゥ中辛」を食べた感想。か…

PAGE TOP