低糖質・低カロリー食レビュー

【からだシフト】糖質コントロール 親子丼の口コミ評価。イマイチな味でした【糖質5.1g/210g】

親子丼の糖質は107.2gと高く、一見すると糖質制限に向いていないように思えます。しかし9割は白米が糖質を占めており、白米を工夫すればダイエットに向いているともいえます。さらにお勧めなのが糖質制限食で有名の「からだシフトシリーズ」を利用することです。
からだシフトの親子丼は糖質40%抑えていて一袋あたり5.1gとかなり低めの設定になっています。
残念ながらスーパーで販売していることが少ないため、生協コープデリで購入しました。

今回は「糖質コントロール 親子丼」をご紹介します。

からだシフト:糖質コントロール 親子丼の栄養成分について

1食あたり210g

 カロリー99kcal
 たんぱく質12.3g
脂質2.9g
糖質5.1g
食物繊維1.6g
食塩2.4g

一般的な親子丼も糖質10g前後とそこまで高くはありません。

約半分に落としているので、企業努力は伺えますが、それよりもご飯の量を減らすか代用する必要があります。今回は、糖質制限と関係のない旦那に食べてもらい、純粋に味を比較してもらいましたが、通常は豆腐や低糖質ご飯などで代用したほうがいいでしょう。

甘味料にスクラロースを使用しているため、糖質が低いようです。人口甘味料は味に影響を与えるので、実際の味がどうなのか気になるところです。

からだシフト:糖質コントロール 親子丼を食べてみた感想

パッケージはこんな感じ。マルハニチロで製造しているみたいです。

丼にしてみました。見た目はレトルトの親子丼といった感じです。

お肉もごろごろ入っています。これは期待できるか??

早速食べてみると…

普通。

手作り親子丼と比較すると、味が格段と落ちるが、レトルト親子丼としては普通といった感じ。お肉も胸肉でパサパサしていてまずかったです。糖質が5g程度しか変わらないとしたら、わざわざ高い金を出して、この親子丼を選択する必要はない気がします。

からだシフトシリーズは「カレー」「麺類」は非常に美味しくて、期待していたんですが、親子丼はいまいちですね。やはり製造元のメーカーが異なると、味に大きな違いがあります。

当サイトの結論としましては購入する価値はないと断言できます。

Amazonで「糖質コントロール親子丼」の販売ページを見る

関連記事

  1. 【グリコ】SUNAOビスケットを食べた口コミ評価。糖質制限中のおやつに…

  2. 【三菱食品】からだシフト 糖質コントロール クラムチャウダーの口コミ。…

  3. 【三菱食品】からだシフト 糖質コントロール きのこポタージュの口コミ。…

  4. 【口コミ】エースコック 低糖質麺 麺ごこち 坦坦麺を食べた感想。低糖質…

  5. 【Pasco】低糖質イングリッシュマフィンブランの口コミ評価。まずいよ…

  6. 【三菱食品】からだシフト 糖質コントロール ミネストローネの口コミ。通…

最新記事

  1. 購入・実食レビュー

  2. 購入・実食レビュー

  3. 購入・実食レビュー

  4. 購入・実食レビュー

  5. 健康宅配食レビュー




PAGE TOP